私の転職反省会2017。職場選びの「選択」について

※アイキャッチは理想(笑)
※2018年に執筆していますが、2017年に転職したので間違いではないです。

転職しました。4か月前にね!

はやりに乗…る訳ではなかったのですが、最近ブログ書いてないことと節目なので残しておこうと思いました。

昨年10月末で、5年半務めたWeb制作会社を退職しました。
11月からインターネット広告代理店で主にコーディングメイン(たまにデザインもやる予定)の制作を行っています。

転職した理由

色々ありますが、一番大きいのは「今の環境に甘えてしまっている。」と感じたからです。

3年ほど前から制作用のTwitterアカウントをはじめ、勉強会などにも参加するようになり、外の情報をすこしずつ得ました。当時の会社の良いところもダメなところも理解しました。そして自分がいかに勉強不足だったかも思い知りました。

新人ウェブ制作者には、なんでもいいから外の情報を得よう。絶対に自分の会社だけで完結させないようにしよう。と伝えたいです。

長年居た会社は楽だし、それなりに自分のポジションも確立してはいたのだけど、他の会社だとポンコツなのかもしれない。

仮にこのまま30代・40代と仕事をしていく上で、自分が「その会社でしか通用しない人」になってしまう気がして怖い気持ちがありました。どこの会社にも言えることですが、会社はいつ潰れるかはわからないですからね。

前職は副業OKだったのでクラウドソーシングなど使っての副業も可能でしたが、忙しいときにはなぁなぁになってしまいました。
やっぱり環境を変えないと甘えちゃうままだなと思いました。

ちなみに「フリーランスにならないの?」と言われることもあったのですが…

いずれフリーになるにしてももう一社くらい知りたいという好奇心と、私はズボラの寂しがりやなので家で一人で作業をするのが苦手だから…です。
フリーでも会社や他のフリーの方とチームを組むことはできても、同じ目線で見られる人が欲しかった。

もう一つの理由としては、営業や売上のことを心配して時間を取ってしまうより、制作に集中できる環境に居たかった。

そういった理由でひとまず会社員を選択しました。

軸にして選んだのはこの点

受託制作ができるところ

デザインにしてもコーディングにしても、幅広いジャンルの制作をやりたかった

「作って終わり」じゃないところ

お客さんにとってのゴールは、やっぱり売り上げなどの成果を期待していて、そういったものに取り組んでいる会社を選びました。

職場の所在地

横浜市内在住だから、同じような条件の企業があれば山手線の半分より左の企業を優先していました(笑)

自社HP

どんなに雰囲気や理念がよくても、クオリティの高いものを作れなければ転職する意味なんてないですしね…

面接時の雰囲気

私が2社面接したところはどちらも和やかな雰囲気で行われましたが、やっぱり圧迫したり、舐められた態度を取られるようなところはお断りする予定でした。

いまの会社は面接時に「うちの部署に居そうな雰囲気だよね~」と言われ、入って一週間で「まだ一週間だっけ」など言われました笑


なんだかんだで2週間、面接も2社で決めました。

短いのかもしれませんが、この結果に不満はありません。

今の会社は10倍くらい人がいるので、本当に勉強していかねば埋もれてしまうだろうし、大人数だからこそできる技術やノウハウなどを習得していこうと思っています。

広告代理店なだけあって、SEO的なノウハウはやはりボリュームがあります。
向上心の高い人が多くてとても刺激になっています。

最近やっと慣れてきて会社のことも理解できて来たので、より会社の売り上げに貢献できるよう日々勉強しなきゃいけませんね…!