seahorse

webデザインをやっていて参考になった本(2016年4月版)

もうすぐ5月ですね。新卒の方たちもそろそろ配属先が決まったりする時期なんでしょうか。

そんな新米デザイナーさんに媚びをうるためにも、参考になった本のメモ。
今まで何冊か本を買いましたが、「おぉ!これはいい!」という本を紹介します。
初心者むけの内容が多いかな。
今はネット上だけでも色んな情報が載っているし、わざわざ買うまでもないと思うかもしれませんが、
買ったからには勉強する気になるし、やっぱりお金がかかっている分デザインや内容も充実しているし損はないと思います。
(あと、amazonアソシエイトに登録してみたから、使ってみたかったっていう理由も…)

ウェブデザイン・コーディネートカタログ

私のこの本は付箋・下線で溢れています。
こういうテイストのデザインが作りたいのだけど、具体的にどうすればいいのかってことが書かれています。
最初の頃はセオリーに習うのが一番近道なのかなぁとも思うし…

Webデザイン・コミュニケーションの教科書

「考え方・コミュニケーション」に特化した本。ディレクション面でも参考になります。
何回も読みました。
お客様とのコミュニケーションの取り方から実際のデザインのセオリーまでまとまっていて読みやすい本です。

予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション

中を見てみると、実際に使っている素材の数や色数が少ないものばかりです。
web仕様で頭が凝り固まった時など、紙面デザインの自由さに発想をもらったりします。

余談ですが、家庭用プリンターでダウンロード可能な資料をつくる案件があった時に、背景を青色にした資料を作ったら、「使用インクの量が多い!ってクレーム入っちゃうんで、背景は白で作成してください」って言われました。

なるほどデザイン

実はまだ読み途中です…何せ先日のKindle版セールで買ったので…。
イラストや写真が直観的で分かりやすい。あとは見本のデザインもきれい。
初心者さんや学生さんにも、ある程度の歴がある人にも参考になる冊子です。


 

最近は昔に比べて本を買うことも少なくなってしまったので、また新たな本を発掘しようかと思います: )

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


copyright © 2016 saki all rights reserved